The Perception of History according to Merleau-Ponty


Authors
Michel Dalissier
Kanazawa University
Abstract
本論は、メルロ=ポンティによる曖昧で未完成な歴史哲学へのプロジェクトを吟味し、それをレヴィナスの『全体性と無限』における歴史主義への批判と比較している。メルロ=ポンティに従えば、人間の歴史的行動には、特別な「取り返し(reprise)」という現象が見られる。それは、広義の世界、つまり自然と人間世界に由来する提供物、つまり世界の肉や「逆境(adversité)」を通じて、不明瞭な「提案(proposition)」の内容を存在させる(faire être)働きである。提案されたことを取り返す運動は、ある種の「襞(pli)」の形を取る。このような分節は、ヘーゲルとは異なる斬新な弁証法の可能性を含んでいる。メルロ=ポンティのアプローチは、マルクス主義や実存主義における歴史論とは異なり、美術作品における歴史性への解釈学に基づく存在論として理解できる。さらには、彼の諸見解は哲学史に注意を払うことで、哲学自体による哲学自身についての歴史的知覚までに広がる。その独自的な観点からすると、メルロ=ポンティは、ヤスパースやパトチカ、またリクールやデリダなどの傍に、歴史の現象学に関する代表者の一人であることが明らかになる。
Keywords Marleau-Ponty  History  Taking Up (reprise)  Re-Apprehension( reprise)  World  Proposition  History of Philosophy  Perception
Categories (categorize this paper)
Options
Edit this record
Mark as duplicate
Export citation
Find it on Scholar
Request removal from index
Translate to english
Revision history

Download options

PhilArchive copy


Upload a copy of this paper     Check publisher's policy     Papers currently archived: 65,683
External links

Setup an account with your affiliations in order to access resources via your University's proxy server
Configure custom proxy (use this if your affiliation does not provide a proxy)
Through your library

References found in this work BETA

No references found.

Add more references

Citations of this work BETA

No citations found.

Add more citations

Similar books and articles

Kantian Themes in Merleau-Ponty’s Theory of Perception.Samantha Matherne - 2016 - Archiv für Geschichte der Philosophie 98 (2):193-230.
Alterity in Merleau-Ponty’s Prose of the World.Bryan Lueck - 2012 - Epoché: A Journal for the History of Philosophy 16 (2):425-442.
Merleau-Ponty.Taylor Carman - 2005 - Routledge.
Merleau-Ponty's Concept of Depth.Anthony J. Steinbock - 1987 - Philosophy Today 31 (4):336-351.

Analytics

Added to PP index
2017-10-13

Total views
0

Recent downloads (6 months)
0

How can I increase my downloads?

Downloads

Sorry, there are not enough data points to plot this chart.

My notes